ユーモアが冴えるとどんな反応にも動じなくなる!

手間暇かけると自然さが身に着く

相手と親しく会話を進めるには、ユーモアのセンスの必要ですが、最初のうちは相手から警戒の目を向けられることもあります。

 

しかし、しゃべりのテクニックを磨いて、自信が持てるようになれば、それだけで相手に対して安心感と信頼感を与えることが出来ます。

 

そうなれば、相手からさほど警戒されることもなくなるでしょう。

 

たいていの男性も冗談を言い返してくるが、中にはそうでない人もいます。

 

ここでユーモアに富んだ会話を練習するには、その時の置かれたシチュエーションをよく把握して、何か突飛な質問とか、馬鹿げたような奇抜な解釈をするネタはないものかと自問してみるのもイイですね。

 

この問いかけに対する回答が、ユーモアに富んだ会話のコラボレーションの成否を左右することになります。

 

そうすることにより、自分には害はなく、気軽に冗談を言い合える相手だという保証を与えることができるので、もう一段ランクが上の大人の関係に発展するというものです。

 

なので、こうした冗談めいた会話でも馬鹿にしてはいけない・・・むしろ、真面目に不真面目なことを言える人ほどモテるので、実際には自分なりの思い付きで臨機応変に対応して、どんどん会話を盛り上げていければ、その相乗効果は時には想像を絶するくらいいい方向に進みますね!