小さいうちに大騒ぎすること大きくなると落ち着く!

できるだけ小さいうちに問題解決を!

どんな問題にしても、最初のうちはごく小さなことから始まります。

 

この小さなサインを見逃さずに、あるいは無視しないで、小さなうちに大騒ぎして、解決する癖をつけておくと

 

少ない手間や労力で何事も解決しますし、手遅れになることも無いと思います。

 

事が大きくなってからでは、問題を解決するのが余計困難になってしまいます。

 

大きなことがいきなり起こることはまずないので、自分の周囲を見渡してみて、何か問題となり得る兆候がないかチェックしてみましょう。

 

例えば、腰の痛みなどはその最たる例で、急に痛み始めることはごくまれで、腰痛が発生する間に生活の場で腰に負担が掛かることをしていたことが原因となっているケースが多いです。

 

また、部屋の片づけでみてみると、毎日少しづつでもいいので部屋を片付けていれば問題なく過ごせるものを、ちょっと気の抜いてしまったばかりに、

 

1ヶ月、2か月、半年、1年ともう収集が付かなくなるほど部屋が散らかり放題となっているはずです。

 

これは暴飲暴食とか、運動不足という普段の生活習慣についてもいえることで、毎日でも少しずつ継続して行えば、それが塵積って山となる原理のように、

 

おおきな成果となって帰ってきますし、大騒ぎをして、いっぺんにこれを成し遂げようとするとかえって、別の不具合を起こしてしまいます。

 

仕事をする上でもそうですし、恋愛についてもそうですが、普段の心がけがとても大切なことであることは間違いありません。

 

逆転満塁ホームランとか、電撃的な運命の赤い糸的なものは、幻想の世界と割り切って、現実的に納得のできる成果を求めていきましょう。