つけまVSマツエクを考えてみるとどちらにいいの?

つけまの方が低コスト&高リスク!!

ぱっちりデカ目をつくにはバサバサのまつ毛が必要不可欠ですよね。

 

しかしマスカラだけでは長さ的にもボリューム的にももはや満足できない時代になりました。

 

そこでまつ毛を盛るのに、あなたはつけま派?それともマツエク派??

 

マツエクはけっこう費用もかかるし、若い女性の間ではつけま派の方が多いようです。

 

しかし実はつけまはかなり自まつ毛に負担を与えているそうです。

 

その原因はグル―(接着剤)。

 

マツエクをつける際にも当然グル―(接着剤)は使われていますが、プロが選んだ負担のかかりにくいものを最小限の量に抑えて使います。

 

ところがつけまの場合は毎日たっぷりグル―(接着剤)を使い、しかも取り外しも毎日行いますよね。

 

これがまつ毛を細く、量も少なくしてしまう原因になるのだとか。

 

“今日盛ること”ばかりにとらわれず、“将来も盛ること”を考えて、グル―(接着剤)選びや自まつ毛のケアにもこだわった方がイイかもしれません!

 

マツエクとつけまの両方に影響が・・・湿度が高いと衛生が保ちにくい

 

女性ならお肌の保湿にはこだわりたですよね。

 

ある女優さんはお肌の保湿のために部屋の湿度を非常に高い状態で保っているのだそうです。

 

――が、風水的には、家の中が湿度が高い状態というのは望ましくありません。

 

というのも、湿度が高いとどうしても菌が繁殖したり臭くなったりと不衛生になりがち。

 

家の中でもどうしてもお風呂場やキッチンは湿度が高く

 

カビ対策が必要な場所ですよね。

 

その反面、湿度が高くなりがちな水回りは金運をつかさどる場所とも言われています。

 

湿度が高いと不衛生な状態とともに不運を招いてしまいがち。

 

できるだけ湿度の高い場所は通気性をよくするなどして、まつエクやつけまの後でも、衛生に気をつけるようにしましょう。